空港からも近いレンタルオフィスは外国のお客様も呼びやすい!

空港から近い一等地に点在する、レンタルオフィスのスタイルを知ろう!

多目的、多様化、利便性に長けおしゃれでインターナショナル

空港に降り、迷うことなく電車、地下鉄、そしてオフィスへ―。 外国のお客様も呼びやすいレンタルオフィス。それもそのはず、どこも一等地なのだ。充実した設備、ニーズに応じたオフィスの提供。できるビジネスマンに人気の、今どきのレンタルオフィスの事情とは。

今注目のレンタルオフィス!その多様性に迫る

コーヒーマシーンがあり、パーティションの付いたデスク回り。社員同士が顔を合わせる時は、オフィスリフレッシュスペースがある。
これが外国大企業のイメージだ。そんな環境下に浸った、外国のお客様を快適に招くには?
たまにはリッチな雰囲気で、外国で仕事をしている気分に浸れる。さらにそれが仕事の向上につながるなら。
そんな今どきのレンタルオフィスはどうだろうか。

レンタルオフィスは多様だ。
何もレンタルオフィスとは常時使用するためにあるのではない。時々お借りしても良いのだ。オフィスとしてだけではなく、貸会議室としての利用もできる。気分転換、リフレッシュとなり、会議などで良いアイディアが浮かんだりするかも。
個人が利用できるのも面白い。

外国からお客様が!
そんな時だけ、雑然としたいつもの社内から離れ、利用しても良い。
はたまた、外国の大事な顧客のため、会社自体の拠点をレンタルオフィスとしても。
遠方から来た外国のお客様にとって、空港から近く至便、そしてキレイなレンタルオフィスは疲れを感じない。

日本の主なレンタルオフィス企業として、サーブコープ、リージャスがある。
どちらもグローバルなレンタルオフィス企業で、世界各国の主要都市にレンタルオフィスを構えている。そんなわけで、日本のレンタルオフィスの所在地はどこも一等地だ。東京のほかにも、横浜、名古屋、大阪、博多―。
このように、外国の要人を呼びやすいのだ。
リージャスは羽田に近いオフィスがあり、札幌から沖縄まで、国内約140のレンタルオフィスを展開している。

サーブコープの実績から、レンタルオフィスとは何たるか、今、注目されるべきレンタルオフィスについて、本サイトにて分かりやすく説明しよう。

どのレンタルオフィスにすべきか、かなり迷ってしまうが、用途によって選ぶと良いだろう。

皆でシェアしあう、刺激のあるコワーキングスペース

コワーキングスペースの利点とは、一つのオープンスペースを複数の企業や人が共有することで、様々な利得が生じることだ。 しかし、レンタルオフィスを知ることがなければ耳にすることのない、「バーチャルオフィス」や「コワーキングスペース」という言葉。 この際であるからしっかりと覚え、次なるビジネスに備えておこう。

冥利に尽きるとはまさにこれ!外国のお客様に最終日のお楽しみ

日本は最高のコーヒー、紅茶のある国だ。 そしてそれを提供できる。喫茶店、デパート、スーパーでも。 仕事の合間、またはそのあとに、最高のコーヒーを仕事のパートナーとして。 冥利に尽きるとは、まさにこのこと。外国のお客様の疲れも癒され、集中でき、楽しめる。さらに日本での最後の日は、もう一つの楽しみがあるのだ。

TOPへ戻る