空港からも近いレンタルオフィスは外国のお客様も呼びやすい!

空港から近い一等地に点在する、レンタルオフィスのスタイルを知ろう!

>

多目的、多様化、利便性に長けおしゃれでインターナショナル

バーチャルオフィス事業の優れた提供力

バーチャル?な、なに?仮想?ゲーム?
ゲームではない。
バーチャルオフィス(Virtual office)とは、お察しの通り、仮想オフィスとも言う。
事務所を賃貸することや購入するのとは違って、登記可能な住所、郵便物転送、レセプショニスト等のサービスを、企業等に提供する事業のこと。
つまり、住所や電話番号の貸し出し、郵便物の受け取りや電話応対の代行などのサービスの提供だ。
そのサービスを利用する企業等は、そのサービスを利用することによって、事務環境が実現するが、実質的には事務所を賃貸したり購入したわけではなく、全てサービスを利用しているわけで、仮想的であるというわけだ。
そこで、バーチャル(仮想)オフィスと呼ばれている。
このようなレンタルオフィスサービスを提供する事業社が、サーブコープ、リージャスである。
一等地にあるがゆえに空港からも近い利便性、バーチャルオフィスの利用の仕方は多岐にわたる。

国内型レンタルオフィスサービス

国内型レンタルオフィスといえば、三井不動産だ。

できるワーカーを意識した、ハイグレードな空間。
ビジネスシーンに応じたオフィススタイル。
広めのラウンジに、セミナールームも兼ねそろえている。
プライベートルームは完璧な個室型、モダンなインテリア。
セミオープンなワークスペースもハイセンス。
日本の上質な「家」をも彷彿とさせる、堅固な日本企業らしさが伺える。

最も注目すべきは、高いセキュリティシステムだ。
セキュリティはカメラで常時監視。
各々のレンタルオフィスはコンシェルジュによる有人管理をしているのだ。
まさに、日本らしいセキュリティシステム。
すっかり安心して帰れる、まさに我が家のような、日本式・レンタルオフィスだ。
国内のみ約30箇所に展開しているが、都心駅直結ビルは、外国のお客様を呼ぶには申し分ない利便性だ。

大型日本式が三井不動産、世界を拠点としているのはサーブコープ、リージャスといったところであろう。


TOPへ戻る